Z400FXインジェクションセッティング1

紙ヒコーキ。ブログ
3+

こんばんは、吉川です。

今日、新潟県村上市は最強寒波が襲来して

こんな真っ白な世界が広がっています。

 

お店のココアちゃんも(車)こんなに真っ白になってしまいました。

最強寒波おそるべしです。( ;∀;)

帰宅時はいつも以上に慎重に運転しないといけないですね。

 

最強寒波が襲来している地域にお住いのみなさまも

どうかお気を付けてお過ごしください。

 

さて、今日の本題へ。

お客様からお預かりした車体はこちらです。

Z400FXです。(^^)/

4st4気筒、めちゃくちゃかっこいいです。

MACH3とはまた違ったかっこよさがありますね。

 

このZ400FXについて状況をお伝えしますと

3年ほど前にSP-TDC V140とインジェクション用の

拡張ユニットをご購入していただきました。

そして、まずはインジェクション化せずに

点火ユニットのみ使用し快適に走行していたそうです。

 

SP-TDCをご利用中のお客様にこのようなご感想を

いただけるのは、とても嬉しいです。(^^♪

 

そして、次のステップのインジェクション化にともない

ご依頼をいただきました。

※コッキーネットではインジェクション化に必要なパーツは

お客様ご自身にご用意いただいております。

インジェクション化に必要なパーツというのは

・スロットルボディ

・燃料ポンプ

・燃圧レギュレータ

・燃料フィルター

・燃料ホース

などです。

ちなみにこちらのZ400FXのお客様がご使用のスロットルボディは

CB1300SF用のピッチを詰めたものをご自身でご購入されたそうです。

 

すみません。話が脱線してしまいましたね。

お客様からのご依頼内容は

1、燃調セッティング

2、インジェクション化に必要なパーツの取付

3、SP-TDC V140拡張ユニットの取付&配線収め

の3点です。

 

それでは最初の作業は車体確認から始めます。

配線やプラグの型番などを確認しながら

V140用の温度センサーの取付位置や

バキュームセンサーの負圧取出しが1番シリンダーから

できるかなども同時に確認しました。

この作業が終わると、実際にどのように作業していくかのを

「プラン練りミーティング」を行い意見を出し合い相談しながら

進む方向を決めていきます。

 

そして、ここで決まったことをお客様にお伝えし

OKとなって初めて実際の作業に入ります。

 

これはコッキーネットのお仕事の定番ですね。

おだ。さんが言っている「お客様ファースト」の精神からきているものです。

そして、お客様とコッキーネットどちらもWINWINでなければならない。

どちらかが楽しい気持ちでどちらかが嫌な気持ち。そんなのはだめ。

お客様とコッキーネットのどちらも楽しく気持ちよくて初めてOK。

私もそんなお仕事ができる人になれるよう頑張り中です。

 

語りたいことが多すぎてまた脱線してしまいました。(;’∀’)

さて、プランが決まったので実際の作業開始です。

最初の作業はインジェクターのベース噴射時間のお調べからです。

ところでベース噴射時間て何??

はい。ベース噴射時間とはインジェクターが

燃料を噴射するまでの時間のことです。

これはインジェクターによって個体差があるので

1本づつ調べて設定する必要があります。

そのベース噴射時間をSP-TDCV140FI用の

Androidアプリを使ってお調べします。

 

ベース噴射時間の調べ方については次のブログに書きます。

こだしですみませんが今日はここまでになります。

それではまた(^^)/

 

コメント

  1. ミーにゃん 2023年2月3日 10:41 PM

    こんにちは、某方面で有名なFXですね。
    まさかのTMRからFIとはビックリでしたね。
    同じFX乗りなので興味深々です。
    進展楽しみにしてます!