MACHⅢ 500SS H1にSP-TDC装着♪Part3

紙ヒコーキ。ブログ
0

こんばんは、吉川です。

 

早速、MACHⅢ 500SS H1のエンジンが切れない原因調べ開始です。

紙ヒコーキ。のUSBオシロで確認。

調べていったら、原因が見つかりました。

 

レギュレーターがうまく動作していませんでした。↓↓↓

オーナー様と相談して、レギュレータ/レクチファイヤー一体式の

ものに交換することになりました。

 

今ついてるも全く形が変わるので

車体を見ながら、どこに取付しようか考えていると

バッテリーケースの下にスペースを見つけました。

てことでレギュレーター取付ステーをTochinさんが手作り開始。

 

廃材からグラインダーでプレートを切出し。

プレスで曲げ加工。

ボルトを通す穴をドリルで穴あけ。

レギュレーターを固定するためカレイナットを圧入。

スプレーで塗装。

 

あっという間に完成しました。↓↓↓

 

逆アングルからは↓↓↓

 

お店にあった材料だけで、しかも短時間でこのクオリティーはすごすぎます。(∩´∀`)∩

車体に組付けるとこんな感じです。↓↓↓

バッテリーケースを車体に固定するためのボルトに共締めして固定しました。

すっきりいい感じに収まってますね。(^^)v

これで無事にエンジンが切れるようになりました。

 

このあと、始動、・走行テストを行いOKとなりました。

私は大型二輪免許を持っていないので乗ることができずでした。

残念⤵(T_T)

 

いつか必ず大型二輪免許をとってMACHⅢに乗ってやる!!!!

と決意を固めました。

 

これにてすべての作業が完了です。

オーナー様、大切な車体を貸していただき本当にありがとうございました。

SP-TDCを装着したMACHⅢと素敵なバイクライフを送っていただけたら嬉しいです。

 

 

おまけ動画(^^)v

私もキック始動させてもらいました。(*’ω’*)

そして1発始動させてしまいました!!

わーい。わーい。(∩´∀`)∩

こんなへなちょこキックでかかると思っていなかったので

驚いてまぬけな顔になっています。笑。

いやぁ~、めちゃくちゃ幸せな瞬間でした。(*’ω’*)

 

それではまた。

 

コメント