TZR250 3XV 初始動♪"> TZR250 3XV 初始動♪">

TZR250 3XV 初始動♪

0
3XVのほうも作業を進めます(^^)/

こちらはヒジョーに難しかったです(>_<)
同じTZRでも2XTはパラツイン、この3XVは90度のLツイン、全くの別物です。
2XTだとピックアップコイル1個でフライホイールに突起がふたつなんだけど
3XVはピックアップコイル2個でフライホイールの突起はひとつ。
突起のタイミングもまるで違います。
さらに90度Lツインだとリアバンクとフロントバンクでのクランクスピードが違うのでプログラムも複雑(>_<)
サービスマニュアルもお借りしたので見てみたら、キャブにもソレノイドバルブ、オイルポンプもソレノイドバルブ、
スロポジまで付いてる・・・
うわぁ~ こりゃお手上げか \(◎o◎)/
と思ったが、キャブはたぶんTZ250のものでソレノイドバルブがノーマルとは違い、スロポジは外してある。
オイルポンプは使ってなくて混合仕様。
なら、できるのか???
と、右往左往しておりました(笑
調べたところ、キャブのソレノイドバルブはキャブ口径内に突き出たノズルにつながってて
そこから吹くガソリンを制御している様子。
加速ポンプなのか!?と思ったが、どうやらソレノイドバルブに通電するとガソリンを遮断する構造。
で、キーON、エンジン始動しても通電する様子はなし。
つまり出っ放し。
でも、ノズルの先端はスロットルバルブに隠れてるから普段はガソリン出ないはず。
ほぼ全開のときにノズルが顔をだすから、やっぱ全開時にガソリン増量するためのもの。
てことは、全開高回転時に逆にガソリン絞るためのものですね。
キャブでこんなことまでする時代って、大変ですね(^-^;
てか、この3XVはインジェクション化する予定なのでわざわざソレノイドバルブの制御までやっても無駄になる
ので、そこはほっときましたヾ(≧▽≦)ノ
インジェクションならそんなことは当たり前にできるので♪
で、ようやくSP-TDC装着にこぎつけました。
ケースはキズ付けると悪いのでテスト用です。
なのでYPVSユニットになっちゃってますが、中身は本体ですので気にしないでください(笑

それから、このSP-TDCはバリバリカスタムなので、本体ユニットにYPVS制御も内蔵となっております。
IGコイルも先回ご紹介のとおり、バリバリのウオタニですヾ(≧▽≦)ノ

しかもリア用、フロント用の2個です。
それから、3XVはDC-CDIのようでエキサイタコイルがありません。
なのでフルトラ化するのは2XTよりは簡単でした。
ということで、やっとこの日がやってまいりました。
SP-TDCで3XV 初始動ですヾ(≧▽≦)ノ
や~~~ 動きましたね(^^♪
点火マップが出荷状態、レブリミット10,000rpmなのでそこまでしか回らないしレスポンスもイマイチですが
フルトラになってるのでアイドリングあたりは力強いですね。
さぁ♪ これから点火セッティング&YPVSセッティングですが・・・
正直 怖くて乗りたくないです( ˘•ω•˘ )
オーナーさん、テストライドしませんか(^^)/