SP-TDC環境性能(^^)v"> SP-TDC環境性能(^^)v">

SP-TDC環境性能(^^)v

0
今日は、いつもとちょっと違うインプレですよ( ̄∀ ̄*)イヒッ
 
以前にインプレ頂きましたMさんのXJ750EⅡです♪
 
 
MさんのXJは、SP-TDCでインジェクション化してまして、この程、車検をとったそうです♪
以前の車検ではキャブ仕様だったのを、今回はインジェクション化してますと伝えた上で車検をとったそうです。
 
これで車検対応ですとは言えませんが、インジェクション化をお考えの方には朗報ではないでしょうか(^^)
 
では、まずご本人インプレから♪
-------------------------------------------------------------------------------------------
SP-TDCのユーザーが増えてきていることは、すでに愛用させて頂いている私としても、
大変うれしく思います。
ブログを拝見していても、とてもお忙しい様子がうかがえますね(^^
大変でしょうけれども、これからもご活躍ください。
 
車検を持ち込んだ自動車ディーラーでは、最初にインジェクション化した事を伝えましたけれど、
そんな事が出来るの?みたいな事は言われましたが、特に改造車扱いはされませんでしたよ(^^
排気ガスもきれいになっているので、逆に推奨されてもいいんじゃないですかね(^^;
 
2枚の写真は排ガスの検査値です。
 
↓キャブ
 
↓インジェクション
前回はGSX-Rのキャブ仕様でしたので、異常な数値だったようです。

数値的な知識が無いのでよくわかりませんが、当時整備士の方に

 
”車だったらこんな数値じゃ車検通りません”
 
とか笑いながら言われました(^^;
30年前の排ガス規制の無い時代のバイクでよかった?・・・(笑)。
 
(インジェクションでの今の状況ではちょっと薄いかな?)
おそらく私のレベルでは、キャブではまともなセッティングは無理だったでしょうから、
SP-TDCのお手軽さは、地球環境に対しても大いに貢献できると言えますね。
更にセッティングを進めて、満足な状態(今でも結構満足していますが)になったら、
再度排ガス検査をお願いしてみようと考えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------
 
お~♪ いいですね~♪
これもインジェクション化の大きなメリットですよね(^^)v
 
んで、このCOとHCの値がどういうものなのか、ちょっと調べてみました。
詳しくはないので間違ってるかもしれませんが、
2輪の場合は、平成17年の排出ガス規制が最新のようです。
 
それによると、CO=3.0%以下、HC=1000ppm以下 となってます。
国産新型車は平成19年10月、国産継続生産車は平成20年9月から適用となってるので、
今、販売されてる新車がこの基準をクリアしなきゃいけないってことだと思います。
 
MさんのXJは、CO=1.19%、HC=405ppmなので、アイドリング時の基準は
かるくクリアしてるってことみたいです(^^)v
 
ちなみに、今の車の排気ガス規制はどうなんだろうと思って調べてみたら、
最新ではCO=1.0%以下、HC=300ppm以下のようです。
 
ということは、あと一歩で車の排気ガス規制もクリアできそうな値ということですね。
 
車は今やエコカーですし、触媒もあってこの基準ですから、
30年以上前のバイクで触媒もないのに、この数値は驚異的な数値ってことですよね(^^)
 
Mさんのお話では、まだセッティングの余地は十分あるということですから、
SP-TDCをエコモードにセッティングしたら、車の基準をクリアするのも夢ではなさそうです♪
 
これでSP-TDCでのインジェクション化は、いかに完全燃焼してるかがわかりますよね(^^)b
 
Mさん、貴重なインプレありがとうございました♪
 
↓ポチッとヨロシクです(^^ゞ